オカネのまとめ(仮)

株、FXからオモシロお役立ち情報までまとめていきます。

    カテゴリ:金融 > 株

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    爆弾

    1: 海江田三郎 ★ 2016/02/25(木) 12:59:53.26 ID:CAP_USER*.net
    http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000069062.html


    「爆破予告」をしたとして出頭した男が窃盗容疑で逮捕された事件で、出頭前に男が
    「株で損が出てどうでもよくなった」と友人に話していたことが分かりました。

     大学生の男(20)は東京・港区のビルから住所表示の金属製プレート2枚を盗んだ疑いで25日朝、送検されました。警察によりますと、男は先月、都内の区役所などに爆破予告をしたとして
    警察署に出頭していました。その後の取材で、出頭前に男が「株で損が出てどうでもよくなった」と友人に話していたことが分かりました。
     男の友人:「株で、今年に入ってから2000万円の失敗をして、やけになったんじゃないかな」「(Q.自暴自棄になっていた?)そうですね」
     警察もこうした事実を把握していて、男が去年から今月にかけて各地に届いた爆破予告に関与したとみて調べています

    【「株で2000万大損」自暴自棄に “爆破予告”で出頭の男が友人に語る】の続きを読む

    • カテゴリ:
      このエントリーをはてなブックマークに追加
    37

    1: 前世はほろ苦い飲み物でした ★ 2016/03/02(水) 15:50:26.17 ID:CAP_USER*.net
    時事通信 - 3/2 15:07


     【第1部】米国経済の先行きに対する懸念が和らぎ、日経平均株価は前日比661円04銭高の1万6746円55銭、東証株価指数(TOPIX)は48.78ポイント高の1349.61と、ともに大幅続伸した。出来高は24億8977万株。

     ▽一本調子の上昇は見通せず
     自動車や電機といった輸出関連を中心に、幅広い銘柄に買い注文が集まり、日経平均株価は取引開始直後から大きく値を上げた。
    午後に入ってからも堅調な値動きが続き、上げ幅は一時700円を超え、1万6800円台を付ける場面もあった。

     米国の主要株価指数が大きく上昇し、外国為替相場が円安・ドル高に傾いたことが好感された。
    米国製造業の景況感を示す経済指標が改善し、市場の予想も上回ったことで、「投資家の不安感が後退した」(大手証券)という。

     ただ市場では「年初からの下落局面で買った投資家による、戻り待ちの売りが控えている。今後も一本調子で株価が上がるとは考えづらい」(インターネット証券)との声も聞かれた。(了)
    http://m.finance.yahoo.co.jp/news/detail/20160302-00000211-jijf-market

    【日経平均終値、661円04銭高の1万6746円55銭 米国経済の懸念和らぐ(3/2)】の続きを読む

    • カテゴリ:
      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 海江田三郎 ★ 2016/02/29(月) 17:53:19.32 ID:CAP_USER.net
    http://hbol.jp/84007
    no title



    毎週月曜日発売の2誌の経済記事が妙に面白い。片や日経平均「2万5000円」(週刊ポスト)、こなた「1万3000円」(週刊現代)と真逆なのだ。そんな2誌の正しい読み方を伝授!

    超強気の『週刊ポスト』VS弱気の『週刊現代』
    「年始からの相場を見れば、どっちが正しかったか一目瞭然だけど、2つ並べられると読み比べたくなるよね(笑)」
     中堅証券会社のエコノミストがこう評すのは『週刊ポスト』(小学館)と『週刊現代』(講談社)のこと。
    実は、年始からこの2誌の経済記事は特にエッジが効いている。2月半ばまでに、表紙のトップを飾った大見出しを記事末に一覧にした。一覧には記していないが、2月15日発売の両誌も方向性は真逆。表紙のど真ん中という定位置からは追いやられたものの、ポスト2/26号では「『日経平均2万5000円』を託された有名企業新社長16人の『運』と『実力』」という特集を掲載。
    現代2/27号は「マイナス金利、大失敗」といった具合なのだ。 なぜ、こんな対照的な大見出しが躍っているのか?
    週刊現代編集部の記者は「ウチは昨年11月の時点で『日本でいちばん早い2016年〈景気と経済〉大予測』という特集を組んで、来年は日経平均1万5000円を割ると予想していた。その予想通りの相場となっているだけ」と意気揚々。
    一方の週刊ポスト編集部記者は「最近は毎日のように、『全然当たらないじゃないか!』とお叱りの電話があります」と、意気消沈気味。

    「『日本経済は絶好調』という特集を載せた新春号の実売部数が、何年かぶりに週刊現代を超えたんです。
    それに気を良くして、『株は上がる』と言い続けてきましたが、相場はご覧のとおり……。
    今も日経平均2万5000円は到達できない水準だとは思っていませんが、単なる煽り記事とは思われたくないので、トップに記事を掲載する回数は減っていきそうな状況です」

     では、情報収集力に長けた投資家たちは両誌をどう見ているのか?元外銀チーフトレーダーで、現在は個人トレーダーとして独自の相場分析記事を有料メルマガ等で配信している西原宏一氏が話す。
    「私も相場に関してコメントを求められることがありますが、実は強気と弱気、どちらのロジックでも相場を解説することは可能です。
    だから、ポストを読んでも、納得できる面もある。問題は、その一つの主張を鵜呑みにしないこと。仮に現代の記事を読んで日経平均は下がると予想して先物を売って稼いでいる人がいるとしましょう。そういう人こそ、ポストを読んでみるべき。
    人間は不利な情報から目を背けてしまいがちだから。むしろ、不利な情報を収集してリスク管理に役立てるべきなのです」

     資産2億3000万円の個人投資家、www9945氏も次のように話す。
    「マクロ経済分析に関しては現代の圧勝ですが、相場に対して弱気なため、個別銘柄に言及する機会は少ない。
    面白い銘柄を発掘したい投資家にとっては、その点が物足りなかったりするのです。
    だから、私はポスト2/12号を見て、高配当銘柄として紹介されたあおぞら銀行を暴落時に買いました」
     どちらに乗るかそるかでなく、ものは使いようというわけ。実際、数多のメディアをチェックしていけば、相場転換のシグナルを見つけ出すこともできるという。
    「相場が好調なときは、いろんな出版社が『“億り人”の稼ぎ方』みたいな特集を組みますが、私はこれを相場が天井をつけたシグナルと見ています。相場が良ければ誰でも稼げるもの。そのなかで億単位の資産を株で築く人がポンポン出てくるっていうのは、それだけで相場の過熱感を示しているからです。逆に、相場が低調なときはポストのような、強気のメディアを注視する。
    ずっとトップにあった『日経平均2万5000円』といった強気の見出しが表紙の隅っこのほうに追いやられだしたら、底打ちのシグナル。『強気のメディアも強気でいられなくなるほど下げた』ので下げは一服と見ることができるんです」

    【週刊ポスト「日経平均2万5000円」予想が大外れ、「全然あたってないじゃないか」と毎日のように怒りの電話が届く】の続きを読む

    • カテゴリ:
      このエントリーをはてなブックマークに追加
    13

    1: 海江田三郎 ★ 2016/02/16(火) 12:43:46.65 ID:CAP_USER.net
    http://www.bloomberg.co.jp/news/123-O2KUQC6JTSF201.html

     (ブルームバーグ):ソフトバンクグループ株が値幅制限いっぱいのストップ高まで買われた。
    同社としては過去最大となる5000億円を上限とした自社株買いを15日に発表した。新たな負債ではなく、保有資産の売却資金や手元資金を充てる。
    16日は買い気配で始まった後も堅調で、午前の取引終了間際に前日比16%高の5100円のストップ高を付けた。
    2008年11月以来の日中上昇率。15日の発表資料によると、取得する株式数の上限は発行済み株式(自己株式を除く)の14.2%に当たる1億6700万株で、期間は16日から17年2月15日の1年間。広報担当の小寺裕恵氏によれば、取得後に消却するか保有するかは未定で「資金調達のため今後、追加で資産売却を行う可能性がある」という。
    積極的な買収策で会社を拡大してきたソフトバンクの孫正義社長だが、株価は14年初頭に9000円を超えたのを最後に伸び悩み、今年に入り米子会社スプリント買収前を下回る水準が続いていた。15日の終値は4400円となり、ソフトバンクの時価総額は保有する株式の価値を下回る状態となっていた。
    SMBC日興証券の菊池悟シニアアナリストは「市場にはサプライズを持って受け止められる」と述べた。
    自社株買いは「株価を買い支える意識の表れで、負債で資金調達をしないのもいい印象だ」と話した。
    自社株買いの上限の株式数を取得した場合、これまでの取得分も合わせ、発行済み株式総数の16%を保有する計算となる。同社のホームページによると、創業者で筆頭株主である孫社長の保有割合は19%。
    認識にギャップ
    孫社長は10日の決算会見で、スプリントの状態をめぐり市場と孫社長の認識にギャップがあると話していた。
    孫社長はスプリントが将来的にソフトバンクの収益源になるとし、「ギャップがあるというのは投資家にもチャンス」だと指摘した。
    ソフトバンクの自社株買いは5度目で、昨年8月にも1200億円分の取引を行った。ニケシュ・アローラ副社長は約600億円に相当する自社株を購入している。また複数の関係者によれば、孫社長は昨年、経営陣による自社買収(MBO)のための資金調達について海外の出資候補者と協議したが、条件面で折り合えず断念した。
    ジェフリーズ・グループのシニアアナリスト、アツール・ゴーヤル氏は「株価の下落を考えれば、よい自社株買いだ」と話した。ソフトバンクの時価総額が保有株式の価値を下回っている状態は「ばかげている」という。

    【ソフトバンク株がストップ高-過去最大の自社株取得、5000億円上限】の続きを読む

    • カテゴリ:
      このエントリーをはてなブックマークに追加
    11

    1: 極限紳士 ★ 2016/02/15(月) 14:29:21.87 ID:CAP_USER*.net
    日経平均は16000円を回復

    14時20分配信 フィスコ

    14時20分時点の日経平均は前日比1056.17円高の16008.78円。《SY》

    ソース
    http://news.finance.yahoo.co.jp/detail/20160215-00934035-fisf-market

    【日経平均は16000円を回復】の続きを読む

    このページのトップヘ