オカネのまとめ(仮)

株、FXからオモシロお役立ち情報までまとめていきます。

    カテゴリ: 給料

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    プログラマー

    1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/02/24(水) 20:13:32.254 ID:R0s1RGiFx.net
    現実が俺のライフプランとだいぶ違うんだが

    【27歳年収300万ぴったり糞プログラマーの俺氏今から帰宅する】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    48

    1: 海江田三郎 ★ 2016/02/18(木) 23:49:15.12 ID:CAP_USER.net
    http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00316682.html

    福祉施設の介護職員の賃金は、平均より、9万円安いことがわかった。
    厚生労働省によると、2015年の月額の賃金は(超過勤務手当除く)、平均で30万4,000円で、このうち、女性は24万2,000円と、過去最高を更新した。
    厚労省は、女性の勤続年数が延びていることや、女性幹部が増えているためと分析している。
    また、職種別に見ると、福祉施設の介護職員は、平均で21万400円で、全職業の平均より、9万円ほど安いという。
    平均勤続年数が6年と、短いことなどが要因の1つだと考えられている。

    【介護職の月給、全業種平均と比べ約9万円下回る】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    uniqlo

    1: 海江田三郎 ★ 2016/01/30(土) 07:40:10.50 ID:CAP_USER.net
    http://www.excite.co.jp/News/column_g/20160125/Allabout_20160124_9.html

    「ユニクロ」が所得が1000万円以上の男性にも支持されているという意識調査結果が出たそうです。
    リーズナブル価格で知られる「ユニクロ」ですが、高所得層が選ぶ心理は分かる気がします。

    「ユニクロ」の商品を貫く合理性は、合理的な思考を好むエグゼクティブ層の発想に通じるからです。
    プライスだけで判断しない大人男性にとって、「ユニクロ」の服を買うという行為には、単に「服を買う」という以上の意味があるように見えます。

    服を買う動機には「カッコよく見せたい」「必要だから」など、いろいろとありますが、ポジションも自意識も高い男性の場合、「自分好みに着こなしたい」という気持が強いようです。

    服は人柄を示すものではありますが、主人公はあくまでも自分であり、服に語らせすぎたくないと考える人は少なくないようです。そういう男性にとって、「ユニクロ」はハンドリングしやすいパーツと映ります。
    「ユニクロ」の服は、着る人が自在に操れる「パーツ」として最初から設計されているので、
    着こなしの自由度が高い点は大人の男性にとって扱いやすいと感じられるようです。デザイン性が高い服は、コーディネートやシーンを選んでしまうところもあり、パッと引っつかんで着る……というわけにはいきにくいものです。

    品質と価格、素材、縫製、耐久性などの総合点でバランスが優れているという点でも購入の意思決定を促す力を持っています。
    定番商品が多く、継続買いがしやすいところもあります。ロングセラー商品は買い足し需要を意識してデザインされていて、「いつでも補充できる」という安心感を与えてくれます。

    その意味で言えば、電気やガスのような社会インフラに近づいていると言えるかも知れません。
    スーツや革靴のような、「ユニクロ」が軸に据えていない商品は別のブランドで揃え、生活のベースになるような必需品的アイテムは「ユニクロ」に任せるといった役割分担、棲み分けは、新たな選択肢になっていると見えます。

    佐藤可士和氏は「ユニクロ」の本質を「美意識のある超合理性」と言い表しています。
    場当たり的にそのシーズン限りの服を店頭に並べるのではなく、素材の開発にまでさかのぼって「筋の通った」商品性を突き詰め、納得して身体を預けられる服を提案する「ユニクロ」のアプローチは、ビジネスシーンで日々、数字や結果と向き合い、合理的な判断を迫られるエグゼクティブ層の共感を引き寄せているのかもしれません。

    【高収入男性が「ユニクロ」を選ぶ理由】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: ニライカナイφ ★ 2016/01/29(金) 02:26:45.29 ID:CAP_USER*.net
    ◆JALがパイロットの大量離職で給与を大幅アップ

    JALは好業績にもかかわらず待遇面で他社より見劣りすることから、パイロットの流出が止まらない日本航空(JAL)が今年4月から、パイロットの給与を大幅に引き上げることが週刊ダイヤモンドの取材で分かった。

    現在、JALは、「固定給で年間100万~200万円の増額」を提示し、組合と交渉中。
    さらに勤務状況に応じた手当も増額する予定で、パイロットによっては月額30万円以上の賃上げになりそうだ。
    同じタイミングで、客室乗務員に対しても月額2万円程度の賃上げを検討している。

    JALは、2010年に経営破綻したのに合わせて従業員の給与を大幅にカット。
    その後、業績の回復に伴い、11年1月と14年6月の2度にわたってパイロットの賃金改定を行った。
    その結果、平均年収は1636万円にまで回復している。

    とはいえ、いまだ全日本空輸(ANA)のパイロットと比べて300万円程度の開きがあるが、それも仕方がない話。
    というのもJALは、再建時に公的資金の注入を受けるなど優遇されたので、公平性を担保するため、17年3月まではさまざまな制約がかけられているからだ。

    そういう意味では、いまだ破綻の“禊ぎ”を終えたわけではない。
    にもかかわらず、3度目のしかも大幅な賃上げに踏み切る背景には、パイロットの大量離職があった。

    ◇年収4000万円で引き抜き

    航空需要の拡大で、パイロットは国内のみならず世界的に不足し、ヘッドハントが多発している。
    JALのパイロットは、大型機のライセンスや、日本のマーケットで磨き上げた高い操縦技術を持つ一方で、破綻に伴う給与カットで年収が相場よりも低いため、格好のターゲットになっていた。

    関係者によると、中でも中国の航空会社による引き抜きは激しく、年収4000万円といった破格の条件を提示するところまであるという。

    その結果、14年度は機長22人、副操縦士9人がJALから他社へ転職。
    15年度になっても流出は続いている。

    当然のことながら、パイロットがいなければ運航に支障が出る。
    14年には、格安航空会社(LCC)のピーチ・アビエーションやバニラ・エアが、パイロットの確保がままならず大量欠航に追い込まれている。

    「このままパイロットが流出していけば、せっかく軌道に乗っていたJALの事業計画そのものが破綻してしまう可能性も出てくる」と、航空関係者は指摘する。

    JALは、深夜早朝便搭乗の場合を除いてハイヤーによるパイロットの送迎をやめたほか、渡航先で滞在するホテルのグレードを下げるなど、待遇面においても他社に劣っており、パイロットたちの不興を買っている。

    制約を受ける中で、いかにパイロットの流出を防ぐのか。
    激化する争奪戦において、JALの悪戦苦闘は今後も続きそうだ。

    写真:JALは好業績にもかかわらず待遇面で他社より見劣りすることから、パイロットの流出が止まらない
    no title


    週刊ダイヤモンド 2016年1月28日
    http://diamond.jp/articles/-/85359
    http://diamond.jp/articles/-/85359?page=2

    【【航空】JAL「パイロットは年収1636万円」 ⇒ 中国の航空会社「うちは4000万円出す」 ⇒ 大量離職へ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    アパート

    1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/01/22(金) 22:29:11.210 ID:PinRO9er0.net
    7万は厳しいかな

    【手取り21万で住める家賃の限界wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ